アクセスカウンタ

〜Road To Beautiful Life 〜

プロフィール

ブログ名
〜Road To Beautiful Life 〜
ブログ紹介
会社でのちょっとした出来事、仕事上の覚書、子供のことなどを書いてます。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tomovertex/

もどうぞ。愛車アリストやフリーウェアを公開しています。
zoom RSS

オラクル パスワード 無期限

2017/03/03 16:18
alter profile default limit password_life_time unlimited;

確認方法
select *
from dba_profiles
where resource_name = 'PASSWORD_LIFE_TIME';


RESOURCE_TYPE LIMIT がUNLIMITEDでOK
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


VS2015をアンインストール後VS2008でソリューションが開けない。

2017/01/24 10:23
MSBUildToolsPath is not specified for the ToolsVersion 〜のエラーが出ます。

当方64BIT環境にて
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\MSBuild\ToolsVersions\14.0
のレジストリ削除後正常に開くようになりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HyperV でVisualStusioのデバッグができない。

2016/11/15 10:05
カーネルデバッガがシステムで有効になっているためデバッグできないなんたらかんたら

のメッセージ。

コマンドからmsconfigを起動
ブート関係のタブの中の詳細オプションを開く
開かれた画面の/DEBUGのチェックを外してしまう。

HyperV側のPCをリブート。

デバッグ可能になった。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ModalPopupextender

2016/10/03 11:06
ダミーのボタンを用意する
用意したダミーボタンに、ModalPopupExtenderを作成する
PopupControlIDにポップアップさせたいパネルを指定する。
OKControlIDにポップアップさせたいパネル上にあるOKボタンに該当するボタンのIDを指定する。
okscriptにOKボタンを押下した際のスクリプトファンクション名を指定する。
backgroundcssClassはAJAXのサンプルからコピーしたスクリプトのmodalBackGroundを指定する

スクリプトファンクション内でしょりさせるのもよし。
さらにダミーボタン2を1つ用意して、スクリプトにこのダミーボタンクリックを記述 btnDammy.click;
ダミーボタン2のASPのイベントに処理したいコードを記述


fakebutton_ModalPopupExtender.showでポップアップ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ASP.NET AJAX UpdatePanel もしくはTimerがうまく動作しない

2016/04/14 10:44
ASP.NETでAjaxExtentionのUpdatePanelをTimerをトリガーにして更新をかけるページがありました。

実環境へ、発行機能を使ってIISへWEBアプリケーションを作成しましたが、UpdatePanelがうまく動作しません。(まったく更新がかからない。)

ためしにソースごとサイトへコピーするとこれは動作しました。

なんとか発行を保持しつつ解決したいところだったのですが。

なんと

RELEASEモードから発行すると上記現象が発生しました。

DEBUGモードで発行するときちんと動作させることができました。

はまりました。


http://www.dotnetask.com/83_21424124/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


StrConvの挙動

2016/03/17 17:51
StrConvを使用したプログラムをExe起動した場合、WINDOWSの互換設定を行っていると文字列が切れる場合があります。互換設定を外すと正常に戻ります。
EXEの起動とは、たとえば親A.EXE、から子B.EXEを呼び出す際に(StrConvの実装はB)親が互換設定であってもダメなので注意する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Android データ領域のデータの取得と削除

2015/10/08 16:07
取得
adb pull (デバイスモニターで確認できるフルパス) ■PCの書き込み先のフォルダ
■はスペース

adb pull /data/data/********/databases/sqlite_sample.db C:\WK

削除
adb shell
rm /data/data/********/databases/sqlite_sample.db
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVC 画面サイズをデバイスに適切なサイズに設定

2015/05/15 09:32
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no" />

を記述する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SQL Serverのバックアップをネットワークドライブに行う。

2015/04/15 17:00
構成マネージャを開く。
SQLSERVERのサービスのプロパティを開く。

ビルトインアカウントで「ない方」を選択。→「このアカウント」を選択。

ネットワークにアクセス権のある「アカウント名」「パスワード」を指定し、登録する。
サービスを再起動する。

バックアップを行う。

以上。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVC 文字コード

2014/12/12 17:18
Web.configのSystem.Web内に以下


<globalization uiCulture="ja" culture="ja-JP" requestEncoding="shift_jis" responseEncoding="shift_jis" fileEncoding="shift_jis" />
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MVC3.0 インストール後にMVC3プロジェクトを作成するとコンパイルがとらない。

2014/12/12 15:46
'ModelClientValidationRule' は、名前空間 'System.Web.Mvc' では不適切です。
'ModelClientValidationStringLengthRule' は、名前空間 'System.Web.Mvc' では不適切です。
Class 'ValidatePasswordLengthAttribute' は 'Function GetClientValidationRules(metadata As ModelMetadata, context As ControllerContext) As Collections.Generic.IEnumerable(Of ModelClientValidationRule)' をインターフェイス 'System.Web.Mvc.IClientValidatable' に実装しなければなりません。


【解決策】

ソリューションエクスプローラから参照設定→System.Web.WebPagesを削除する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NASに名前解決(HOSTS)で指定した名称で接続できない。

2013/11/20 09:34
NASがあり、IPとNASの名称(たとえばNAS_A)などで接続すると接続できるがHOSTSに記載した名前解決名で接続すると「ユーザーが見つかりません。」などで接続できない。


原因
ローカルのユーザーのパスワードが空で指定しある場合、(AD上にログインしているユーザーとかではありません)で、ローカルセキュリティポリシーの空パスワードを無効にしているとき。


対応
コンパネ→管理ツール→ローカルセキュリティポリシー→ローカルポリシー→アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用。。。

を無効化する。


つながりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


IIS ASP.NET でエクセルを使用する方法

2013/03/22 09:57
ActiveXコンポーネントを作成できません。
あるいは
”パス”にアクセスできません。次の理由が考えられます。〜

通常だと上の2種類が発生する。

IISの場合はサーバーコンポーネントなのでエクセルの設定を行う。

1.Dcomcnfgを起動
2.コンポーネントサービス→コンピュータ→マイコンピュータ→DCOOMの構成→Microsoft Excel Applicationのプロパティ

3.セキュリティタブ→起動とアクティブ化のアクセス許可→カスタマイズ
IIS_IUSRSを追加し、以下を許可する
ローカルから起動
リモートから起動
ローカルからアクティブ化
リモートからアクティブ化

4. アクセス許可→カスタマイズ
IIS_IUSRSを追加し、以下を許可する
ローカルアクセス

5.構成のアクセス許可→既定

6 IDタブ→対話ユーザー

後日談。
6のIDタブ→対話ユーザーにするとサーバーがログオフ状態になったときに[ActiveXコンポーネントを作成できません]になってしまった。
したがって

「このユーザー」に設定してAdministratorでユーザーを登録したところこちらは解決した。

以上。
記事へ驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0


LINQ バグ 指定されたキャストは有効ではありません。

2013/03/21 20:45
System.Data.Linq.IdentityManager.StandardIdentityManager.SingleKeyManager`2.

なんたらかんたら。。。

LINQのバグらしい。
以前にも遭遇。。。
http://tomovertex.at.webry.info/201205/article_1.html


http://stackoverflow.com/questions/4801364/specified-cast-is-not-valid-error-when-saving-linq-to-sql-entity

に記載が。マイクロソフトのパッチのURLもある。

見事下記サイトからパッチを手に入れ、解消しました。

抜粋。


This is a well-known bug in LINQ to SQL.

https://connect.microsoft.com/VisualStudio/feedback/ViewFeedback.aspx?FeedbackID=351358

There is a hotfix for the issue.

http://support.microsoft.com/hotfix/KBHotfix.aspx?kbnum=963657&kbln=en-us
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


左下結節疑い

2012/12/04 23:08
健康診断での結果。胸部レントゲン「結節疑い」1ヶ月以内に再検査をとのこと。

実は検診の日の体調は最悪だった。前日に近くの病院へ薬を処方してもらう。
症状はしばらく前から咳が出て、夜になると微熱があり、食欲もない。

こんな感じだった。

だから、なんとなく健康診断に引っかかる気がしていたので、知ったときは以外にショックがなかった。

ネットで調べても「結節疑い」でその結果まで出ているサイトが少なかった。。。

で、総合病院でCT検査。

結果は。。。。

左下は「肺炎痕」とのこと。
「でも今は右側が肺炎だよ」とのおまけつき。

実は年末から5月ぐらいまでせきが止まらないという症状に見舞われていた。おそらく自己診断でこのときの痕だろうと思われる。
(たまたまそのときこの総合病院でレントゲン検査をしてもらっていて異常がなかったため、今回のショックがなかったこともある。)

で、今回の再検査時も同じ先生に看護師さんが気を利かせて担当にしてくれたため話もはやく、今回のような結果となった。

実はこの時期マイコプラズマ、いわゆるマイコさん大流行ということで、おそらくこれでしょうとのこと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


VS2010 サーバーエクスプローラーでDBに接続できない。

2012/10/25 15:37
サーバーエクスプローラーからDBサーバーへ接続しようとするとなぜかエラーになる件。

詳細ボタンを押してもConnectionStringが表示されていない。

Machine.configが壊れているみたいです。
Framework4.0の再インストールで修復できました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Linq tinyint型のフィールド

2012/10/24 15:11
Linq To SQLにてTinyintのプライマリキーでIdentityである列はLinqToSQLでオートナンバー(Identity)が動作せずエラーとなるので注意。

・プライマリ
・Tinyint型
・Identityである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わらえる(^○^)

2012/10/12 14:54



#プログラマが思春期の娘に言われると傷つく一言


爆笑!

とくに

「とにかく一緒にされたくない」


最高でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


VB6がインストールできない!!

2012/08/31 15:39
VB6がソース変更して実行すると落ちるようになった。
とりあえずいろいろ試したが復旧しないので、アンインストール後に再度インストールしようと思った。

アンインストール後、CDをいれて実行するとなぜか実行できない。
カスタム
製品
(わすれた)

の選択肢でカスタムを選ぶと止まる。
これを一度やるとレジストリLMのSOFTWARE\MICROSOFT\V〜S¥6.0以下のSETUPを削除してあげないとならなかった。
次に
製品を選ぶと、VBやVCの選択後に「ACMSETUPがみつかりません」でエラー。
VS98PRO.STF
が見つからないとかなんとか。

なんだこれ。


で裏ワザ発見!!
CDROMドライブをD:とすると、
コマンドプロンプトでD:へ移動し、
SETUP\ACMSETUP.EXE / T VS98PRO.STF /SD:
実行したら、見事インストールできました。

やれやれ。。。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Windowsアプリケーションのタスク実行

2012/07/03 10:29
Windowsアプリケーションをタスクスケジューラなどで処理する場合以下のメッセージが出力されることがある。


アプリケーションが UserInteractive モードで実行されていないときに、モーダル ダイアログまたはフォームを表示することは有効な操作ではありません。
サービス アプリケーションからの通知を表示するには、ServiceNotification または DefaultDesktopOnly スタイルを指定してください。



この場合は
フォームなどをShowしている箇所で
if SystemInformation.Userintarctive=False
///
endif
で判断し、画面を出力しないようにする。

なおNewするだけは問題なく動作する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

〜Road To Beautiful Life 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる